リピーターの獲得、客単価アップ、レジの滞在時間短縮を実現

ニューマルシェ 千林(せんばやし)店

ライフスタイル

ニューマルシェ千林店は、大阪の千林エール館のビルの1階に、26年前から市場で働いていたメンバーが立ち上げた食品スーパーです。当時から変わらぬ目利きが選ぶ安心安全の食材選びで、多くのお客様が利用されます。店舗数は1店舗で、プリペイドカードは2016年6月に導入いただきました。

「リピーターの獲得」について、代表の渡辺様にお話をお伺いしました。

きっかけはリピーターを増やしたいという思い

ーまずは、弊社のサービスを導入していただいたきっかけについて教えてください。

設立当初は、スーパーは当店だけでした。この10年間で、半径2キロに大小合わせて20店舗のスーパーが乱立しました。お客様は、自分の家から少しでも近いスーパーを選ばれることが多くなりました。
当時は、ポイントだけが貯まる磁気ポイントカードを利用していましたが、次回の来店を促すには厳しい状況でした。
そこで、チャージができるオリジナル電子マネーであれば、当店でチャージをして、支払いをする。残ったチャージ分は、また当店で利用してリピーターになってくれると思いました。


ー導入はスムーズにできましたか?

実際には、お客様にご案内した際「よくわからんし恐い」「落としたらどないするん?心配やわ」と言われることもありました。お客様にカードについて説明するのに、「オリジナル電子マネーです」とだけ言っても伝わりません。その都度、「ニューマルシェカードを使うとお得」であることを伝えながら、一人ひとりにカードの発行、チャージの仕方などをお伝えしていきました。

次第に、お客様も「ポイント溜まって、今日もただ(無料)で買い物できたわ。お得やん、これ!」と言ってリピートしてくださるようになりました。使い方がわかりお得だということもわかると、利用していただける方が多くなっていきました。

バリューデザインの長谷川さんには長い期間サポートをしていただき、ニューマルシェの従業員と一緒にBBQしたりなど、いつしかニューマルシェの一員になっていたほどでした。

旧カードから、新カードの切り替えは積極的に案内をしています

使い始めると、リピーターだけでなく利用金額もアップ

ー当初の目的は達成されましたか?

導入から4年ほどが経ち、全体の2割ほどの方がニューマルシェカードを利用してくださっています。
カードを持っているお客様は繰り返しチャージをしていただいていますので、当初のリピーターを増やしたいという目的は達成できました。
カードの利用者は増え続けていますので、3割まで増やしたいと思っています。

リピーターが増えたことと合わせて、チャージをしたお客様は利用金額もアップしました。カードをお持ちでないお客様と比べて、客単価が100円ほど高いことがわかっています。


ーリピーターになっていただくために、具体的に何か工夫されたことはありますか?

毎月1・11・21日にチャージするとポイントが2倍つくお得なキャンペーンを実施するにあたり、覚えやすいように毎月のキャンペーン日を固定しました。
日にちを決めることで、お客様の頭にも残り、今ではほとんどのお客さまが、キャンペーン日にチャージをされるようになりました。

また、お客様の目に触れる店内やチラシ、LINEでお友達になっていただいた方にキャンペーンの告知をするなど工夫しています。



入金機には、毎月1・11・21日は2倍ポイントのお得な日を大きく記載しています

レジの滞在時間短縮。小銭を出す必要がない。

リピーターを獲得する以外に、何か効果が出たことはありましたか?

思わぬうれしいこともありましたね。それは、レジの滞在時間を短縮できたことです。
ニューマルシェカードをご利用いただくことで、今まで手間がかかっていた小銭の出し入れが、カード1枚を出すだけになったからです。
店内が狭いと、商品が置いてある棚にまでレジに向かうお客様が並んでしまい、お買い物中のお客様が棚にある商品が見づらくなることがありました。そうしたことも、レジの滞在時間短縮で少しは解消されたと思います。

同じ建物の専門店と一緒に盛り上げたい

ー最後に一言いただけますでしょうか。

うちにとっては、リピーターが増えたり、レジの滞留時間が大幅軽減したりと良いことがありました。
これからは、更にカードを利用されるお客様を増やす事と、専門店でも使っていただけるようになれば、もっと便利になると考えています。