自分のアイデアが、
ビジネスを、日常を変えていく

システム本部 開発部 部長

松村 謙治

2018年8月入社。システム開発の経験を活かし、現在はグループリーダーとしてプロジェクトマネジメントを担当。エンジニア8名とともに、ASPの改善や各社のカスタマイズなどの開発案件に取り組んでいる。

入社の理由

チャレンジングな
仕事が、ここにあると思った

エンジニアとして、ものづくりに携わりたい。そんな想いが転職を検討する大きな引き金になりました。前職では企業や事業の意思決定に関わる仕事をしていたのですが、心のどこかで「やっぱり技術が好きだ」「社内政治ではなく、本当にいいものをつくることに没頭したい」という気持ちがくすぶっていたんです。そんな私の前に現れたのが、当時、名前さえ知らなかったバリューデザイン。急成長を遂げている会社であること、誇れるサービスを自社で開発していること、そしてなにより自分のアイデアでクライアントの課題を直接的に解決できることに強く惹かれました。「アジアトップのトラフィックに耐えられるシステムを開発したい」「蓄積されたデータを活用したサービスも検討している」そんな取締役のビジョンにもワクワクするものがありましたし、こうしたチャレンジングなプロジェクトに携われることは技術屋としても腕がなります。ここでならもう一度、ものづくりの醍醐味が味わえる。そんな確信が、入社の大きな動機になりました。

仕事の内容

成功も失敗も、
目の前で起こっている

現在、私はシステム部に所属しています。日々、ASPを進化させるプロジェクトを走らせながら、「こういうファイルと連携してほしい」「消費税の変更に対応したい」といったクライアントのご要望を叶えるカスタマイズ案件を動かしています。この仕事のやりがいは、自分たちの成果の“手触り”を感じられること。どのサービスもお客様のビジネスに直接的に関わっているものですし、自分が携わったシステムがどのような結果を生んだのかもすぐにフィードバックされます。その反面、「お客様の売上が拡大できなかった」という厳しい現実にも向き合うことになりますが、私たちのサービスは“納品して終わり”というものではありませんし、粘り強くお客様と議論するなかで次のチャンスをものにしていかなければなりません。成功も、失敗も、目の前で起こっている。それが当社のエンジニアの面白みであり、難しさ。自分のアイデアが、お客様のビジネスを変え、ユーザーの日常を変える。みなさんにもぜひ、その瞬間を味わってほしいですね。

今後の目標

新しい時代の、
企業風土をつくりたい

バリューデザインは、急成長を遂げてきた会社です。事業の伸びには驚かされるものがありますが、その一方でまだまだ企業としてのカルチャーが構築できているとは言えません。チームリーダーとしては上場という節目を迎えた今こそ、新しい時代の新しい企業風土をつくっていかなければと思いますし、このチャンスを活かして優秀なエンジニアが個々の力を最大限に発揮できるような“文化”を生み出していかなければなりません。最先端の技術をキャッチアップしていく環境や、育児と両立しやすい環境はすでに整っていると思いますが、これからは1 on 1のディスカッションなどを通じて一人ひとりのアイデアを埋もれさせない取り組みも必要です。そういう意味で言えば、当社では経営陣と社員が企業の方向性を議論する“合宿”も行われていますし、こうした風通しの良さを活用しながら自分たち自身の手で“明日のバリューデザイン”をつくっていけたら嬉しい。新しい時代の、新しい企業風土をつくる。それが今の私の目標です。

その他の社員インタビュー

採用
エントリー